お問い合わせはお電話でどうぞ・Call us to check availability
TEL: 050-5438-4856 10:00〜19:00 (月-金)

GREETING

ご挨拶

 村上ポンタ秀⼀

追悼企画展開催にあたり

⽇本が世界に誇るトップドラマー「村上ポンタ秀⼀」は⽇本のドラム奏者。ジャズ・ロック・J-POP、歌謡 曲などジャンルを問わず国内外でセッションドラマーやスタジオミュージシャンとして活躍し、⽣涯で参加 したアーティストのレコーディングやライブは1.4万枚を超える。また、サウンド・プロデューサーとして も様々なアーティストと⾳作りをしており、ドラムテクニックをはじめ、後世の育成、指導にも積極的に⼒ を注いできた。しかし今年3⽉9⽇、2022年プロデビュー50周年を⽬前に急逝されました。

 

これまでの功績を振り返る。

村上ポンタ秀⼀⽒は、1972 年、フォークグループ「⾚い⿃」に参加。以降、数々のスタジオワークをこな し、⽇本のトップドラマーとしての地位を確⽴する。渡辺貞夫、⼭下洋輔、松岡直也、坂⽥明、⼤村憲司、 向井滋春、加古隆、深町純、⾼橋悠治、細野晴⾂、坂本⿓⼀、⾼橋幸宏、仙波清彦、渡辺⾹津美、後藤次 利、⾼中正義、Char、⼩原礼、本多俊之、村⽥陽⼀等、⽇本の超⼀流ミュージシャン達とのセッションを⾏ い、更に、井上陽⽔、吉⽥拓郎、五輪真⼸、沢⽥研⼆、⼭下達郎、松任⾕由美、吉⽥美奈⼦、⽮野顕⼦、⼤ 貫妙⼦、EPO、⽮沢永吉、泉⾕しげる、阿川泰⼦、近藤房之助、忌野清志郎、仲井⼾麗市、桑⽥佳祐、氷室 京介、尾崎豊、⾓松敏⽣、NOKKO 等、個性豊かなシンガー達のコンサートやレコーディングを⽀え、参加 アルバムは14,000 枚を超えるといわれる、正に⽇本の⾳楽シーンになくてはならない存在である。

OUR THOUGHTS

私たちの想い

 場数王たる由縁。

トップドラマーの歩んだ49年

このように村上“ポンタ”秀⼀⽒はドラム、ドラマーの概念を変え、⽇本ポップス史に燦然と輝く名曲にそのプレイを刻み込んできた。この⼗数年来、改めて“⽣⾳”にこだわり、全国津々浦々の⽐較的⼩さなライブベニューに重⼼を置いた活動を続けてきた。

 

縁から縁へ。故人が繋いだ想いや仲間たちは普遍的に紡ぎ合う。

SNSでは多くのアーティストやファンより追悼コンサートが望まれている。邦楽史に残した⾜跡と偉業を振り返り、数多くのドラムや遺品を多くの⽅に⾒てもらい村上ポンタ秀⼀⽒がつなげた”縁“で「移動型PONTA MUSEUMが、歴代ドラムセットや数々の⾐装、譜⾯、さらに秘蔵写真や秘蔵インタビュー⾳声……などと共に全国のみなさんが想い出深い会場を回る。⽒がこれまで繋げてきた”縁“や “想い“を、多くの皆さまと共に次代へ紡ぎ、今回の展⽰会とライブによる追悼企画を通じて⾳楽業界を盛り上げていきたい思いであります。

最後に。

本企画の発起人である“ムラカミファミリア”の面々がアテンド役となり、各会場で皆さまと一緒にポンタさんの想い出を語り合いたいと思います。コロナ対策を万全にし、皆さまのご来場をお待ちしております。